- 筋トレ de 健康生活 ☆



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポーツの秋!

ご訪問ありがとうございます。
先月に風邪をひいて以来、なかなか咳が治らないマッスル父ちゃんです。

読書の秋、食欲の秋、行楽の秋、芸術の秋・・・
あなたはどんな秋をお過ごしでしょうか?

健康を考える当ブログとしては、やはり「スポーツの秋」ですね^^

夏のように汗だくにならず、心地よい汗をかくことができるこの季節。

筋トレをするのにももってこい。
夏場サボっていた人も再開するなら今しかありませんよ!

新しいスポーツにチャレンジする良い機会でもあります。
前からやりたかったスポーツがあれば、思い切って始めてみてはいかがでしょうか?

ただ、寒いときには体が固くなっているので、準備運動はきっちりとしましょうね(^-^)/

それでは!



私の愛車!電動アシスト付き自転車「YAMAHA PAS Brace L」

ご訪問ありがとうございます。
最近、気がついたら床で寝てしまっているマッスル父ちゃんです。
(起きた時しんどいんですよね~^^;)

さて今回は、前回の予告通り、私の愛用している電動アシスト付き自転車「YAMAHA PAS Brace(ブレイス) L」について書きたいと思います♪( ´θ`)ノ
(ちなみに、私は自転車に乗るのは好きですが知識は素人ですので、その辺をふまえて読んで頂けると助かりますm(_ _)m )
pasbl3_a01.jpg

※今回ご紹介するのは「Brace L」ですが、現在はバッテリー容量がアップした「Brace XL」が発売になっているようです。
今回の記事は「Brace L」についてなので、購入を検討されている方はご注意下さい。

<どんな自転車?>


「Brace」はスポーツタイプの電動アシスト付き自転車(以下、電動アシスト自転車)です。

形はクロスバイクのようですが、モーターとバッテリーを積んでいる分重たく、タイヤも細いわけではないので、自転車としてはクロスバイクとは似て非なるものです。



しかし、ひとたび電動アシスト自転車として見ると、
・8段変速がついている
・乗っている時の姿勢が前傾になる
といったことにより、ママチャリ型のものより断然速く走ることができます。

巡航速度のイメージとしては、
・ママチャリ・・・10~15km/h
・ママチャリ(電動アシスト)・・・15~20km/h
・Brace・・・25~30km/h
・クロスバイク・・・30~35km/h
・ロードバイク・・・35~40km/h
ってな感じでしょうか。

ちなみに、私はBrace Lで40km/hを超えたこともありますよ。
がんばればそれぐらいは出せるポテンシャルを持っているということです。

<乗った感じ>


とにかく、アシストの力強さが際立ちます。
平坦な道はもちろんのこと、結構な上り坂でも思ったより軽く登れてしまいます。
よほどの坂じゃない限りは、立ちこぎの必要はないですね。
また、停車からの発進時には、自転車としては異次元の加速を見せ、
発進の加速だけをとるとロードバイクやクロスバイクにも勝てます。

しかし、その反動のせいか、バッテリーが切れた時はとても重く感じます。
実際には20km/h以上で走れるのでまったく問題ないのですが、1度アシストの力強さを体感してしまうと、どうしても重く感じてしまいます。
特に発進時は、何かを引きずっているような、そんな感じがします。

<バッテリーのもち>


まず私の使用条件。

・片道約9kmの道を、平日毎日往復
・家と目的地の高低差は80m(要は結構な坂道です)
・アシストレベルはLOW、エコモードプラスをオン(バッテリーが1番長持ちするモードです)

という状況での走行です。

この条件でのバッテリーの減り方は、
・3日で半減(4つある目盛りが3日で2つに減ります)
・5日でからっぽ
といったところです。

週末にフル充電しておけば、平日5日間はギリギリ充電なしで走れる感じですね。

走行距離に換算すると、
9km×2回/1日×5日=90km
です。

私の家は結構山の方にあり、高低差が80mあることを考えると、十分な走行距離だと思います。
もちろん、平坦な道だけなら、もっと長持ちするでしょう。

※現在発売中のBrace XLはバッテリー容量が12.8Ahにアップしているので、制御方法やモーターが同じと仮定すると、Brace Lは8.1Ahなので、
12.8/8.1=1.6
ということで、単純な計算ですが約1.6倍長く走れることになりますね。

<消耗品>


消耗品の交換履歴的なことも述べましょう。
ちなみに、走行条件は上のバッテリーの話のところで書いたのと同じです。
・チェーン
1年10ヶ月で限界をむかえました。
ここでもザックリと走行距離を計算してみましょう。
9km×2回/1日×(20日×22ヶ月)=7920km
ですね。
これぐらい走ると、チェーンが伸びて暴れ始め、カチャンカチャンと異音がし始めます。
本当はこうなる前に、1年~1年半ぐらいで交換すべきでしょうね。。。

・後輪のリム
ちょうど3年で後輪のリム(ブレーキで挟まれる部分)がすり減って破れました。
ブレーキパッドをもっと頻繁に交換していればもっと長持ちしたのかもしれませんが、まぁこんなもんでしょう。

・前輪のブレーキパッド
1年8ヶ月で交換しましたが、その4ヶ月ほど前からワイヤーが立て続けに切れまして、
これはおかしいと思い、自転車屋さんでちゃんと調べてもらうとパッドが減っていたということでした。
Brace Lは前輪ディスクブレーキなので、自分ではよくわかりませんでした。
これも、もっと早く交換しておくべきでしたね。

・タイヤ
2年ぐらいで交換したでしょうか。
今は、パナレーサーのツーキニストというタイヤをはいていますです。
最近、また溝が減ってきたのでそろそろ交換時期かもしれません。








<こんな人にオススメ>


・近所に坂が多いけど、ママチャリは乗りたくない方
・本格的なクロスバイクやロードバイクまでは要らないけれど、楽にそこそこのスピードで走りたい方
などにちょうど良いと思います。

私がBraceを選んだのも、まさにそういった理由からです。
・家が坂の上にあるので電動アシストは絶対にほしい
・でも、通勤にも使うのでそこそこスピードを出したい
となると、Braceになりました。

4年経つ現在でも自転車通勤が続いているのは、このBrace L のおかげだと思っています。

<まとめ>


というわけで、YAMAHA PAS Brace Lに実際に乗って感じたことを良し悪し含めて書いたつもりですが、伝わりましたでしょうか?
みなさまにもこの自転車に興味を持っていただけたら嬉しいです。

もし購入するのであれば、Brace XLではバッテリー容量アップや車速が表示されるメーターがつくなど、私が購入したときよりもグレードアップしていてお得ですよ。

ヤマハの公式ページはこちら。
http://www.yamaha-motor.co.jp/pas/lineup/brace-xl/

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
それでは!








<こちらの記事もおすすめ>

電動アシスト自転車でもじゅうぶん運動になる

電動アシスト自転車でもじゅうぶん運動になる

ご訪問ありがとうございます。
今さらながら「竜馬がゆく」にはまっている、マッスル父ちゃんです。

前回の記事の中で、自転車通勤がオススメと書きました。
(まだ読んでいない方はこちらからどうぞ「運動を習慣にするなら、運動せざるをえない環境に身を置く」)

しかし、みなさまの中には
「そんなのしんどくてやってらんないわ(♯`∧´)」
とか、
「スーツで汗だくになるのいやだし( ´Д`)y━・~~」
などと思われた方もいらっしゃることでしょう。

そんな人には、電動アシスト付き自転車をオススメしましょう!

実際、私は


電動アシスト付き自転車で片道30分、距離にして9km強の道のりを毎日通っているのですが、なかなか気持ちの良いものですよ。

朝は朝日を浴びながら、夜は夜風にふかれながら星空を見上げたりして、軽く自転車を流すのはストレス解消にもなります。

電動アシスト付きなら大して力を入れなくてもグイグイ進みますし、仕事前にそこまで汗だくになる心配もありません。(もちろん人にもよりますが ^^;)

普通の自転車だと無理と思われるような距離だったり坂道でも、電動アシスト付きならわりと行けてしまいます。

逆に


アシストされてたら運動にならないのでは?という疑問をお持ちのあなた。

全くそんなことはありません!

電動アシストはあくまで「アシスト」なので、自分でペダルをこがなけれは自転車は進みません。
軽い力で進めるというだけです。

なので、こぎ方に気をつければ、ダイエットにも効くでしょうし(こちらの記事を参照「自転車では太ももに意識してダイエット!」)、電源を切ってしまえば"重い自転車"になるので、普通よりも負荷をかけることもできますよ。

まとめると、


•楽にサイクリングできる!
•楽だから続けられる!
•長距離、坂道もなんのその!
•ストレス解消!
•ダイエットにも!
•電源を切ればより強い負荷!
•逆に言うと、電池が無くなった時は地獄!

ぜひ皆さんも


電動アシスト付き自転車、いかがですか?
値段が高いので、そこそこのクロスバイクが買えたりもしますが、坂道でも楽々登れる電動アシストは、それなりの価値があると思いますよ。

次回は、私が乗っている「YAMAHA PAS BRACE L」という車種を紹介しようと思います。

それでは!

運動を習慣にするなら、運動せざるをえない環境に身を置く

ご訪問ありがとうございます。
マッスル父ちゃんです。

いざ、何かトレーニングや運動をしようと思っても、始めるにはなかなかのパワーが要るものです。

そこで私のオススメは、「自然に運動してしまう環境に身を置く(環境を作る)」ことです。

実例を3つ程あげてみましょう。

通勤を電車やバスから自転車に変える


要は自転車通勤ですね。
これが私の1番のオススメです。
会社に行かないわけにはいかないので、必ず運動することになります。
雨の日でもレインスーツを着てがんばりましょう!

家の動線に障害物を置く


家の中のよく通るところにものを置いておくと、よけたりまたいだりしないといけないので、自然と体を余分に動かすことになります。
ただし、少しストレスがたまるかもしれません。

車を売り払ってしまう


思いきって車を手放してしまうというのはどうでしょうか。
近くのコンビニに行くのも徒歩か自転車になるので、運動になりますよ。
でも、売るときは家の事情をよく考えてからにして下さいね。


と、色々書きましたが、みなさんの事情に合わせてできることを考えてみてください。

普段、楽をしてる部分でわざとしんどい方を選ぶ(選ばざるをえない状況にする)と、意外と運動量が稼げるものです。

ただし、あまりにしんどいことは、続かないのでご注意を。

それでは。


ストレッチを安全かつ効果的にする方法

本日もご訪問、ありがとうございます。
マッスル父ちゃんです。

ケガの防止や筋トレを効果的にするために、ストレッチはとても大切です。

しかし、やり方を間違えると、ストレッチ自体もケガの原因になってしまいます。

そこで、今回は安全で効果的にストレッチをするコツを書きたいと思いますよ~ ♪( ´θ`)ノ

体が温まっているときにする


体が冷えているときや、寝起きで全身が硬くなっているときなどに、急にストレッチをすると筋を痛めてしまいます。

オススメはお風呂上がりです。
全身が温まっており、通常時よりも体が柔らかい状態なので、ケガをしにくくなっています。

しかも、普段より体が柔らかくなっている分、筋をより伸ばすことができるのでストレッチとしても効果的です。

息を吐くときに体を曲げる


ストレッチでも呼吸が大事です。
やみくもに体を曲げるよりも、じっくりと呼吸に合わせて曲げる方が効果的です。

具体的には、
1.呼吸はゆっくりと腹式呼吸
2.息を吸うときは、体はその場で保持
3.息を吐きながら、体をグ~ッと曲げていく
4.2と3を繰り返す。

ポイントは3の「息を吐きながら体を曲げていく」ところです。
腹式呼吸なのでお腹がへっこんでいくとともに、不思議と体が少しずつ曲がっていきます。


これらを守って、安全にストレッチしてくださ~い♪( ´θ`)ノ
ストレッチのメニューについては、以下の記事をご参考に。

・おすすめストレッチ9種目
・20秒で体が柔らかくなる魔法のストレッチ


それでは!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。