寝違えたときの対処法3つ - 筋トレ de 健康生活 ☆



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝違えたときの対処法3つ

ご訪問、ありがとうございます。
マッスル父ちゃんです。

一つ前の記事の最後にチラッと書きましたが、
昨日、寝違えてしまい首が回らない状況になっております (T_T)イタイヨー

あまりに痛いので、良い対処法がないものかと調べてみましたので、
さっそくまとめてみましょう。

1.無理して動かさず、徐々に動かす範囲を拡げていく
 王道ですね。
 首にはいろいろな神経が通っており、無理して動かすと症状を悪化させることになるので、
 まずは無理に動かさないこと。
 まぁ、動かしたくても動かないから困ってるんですけどねぇ・・・

2.冷やす


 寝違えは首の筋や筋肉の炎症なのだそうで、冷やすのが効果的とのこと。
 逆に、温めるのはNGです。
 (温めても気持ちは良いんですけどねぇ。)

3.脇の筋肉を伸ばす


 これは初めて知りました \(◎o◎)/!
 脇の下の神経(首を支える筋肉につながっている)が圧迫されて血行不良になったことが、
 寝違えの根本的な原因なのだとか。
 これを解消するための運動として、

  ・痛い方の腕を後ろに動くところまで引き上げて20秒保持
  ・手のひらを腰の真後ろのところにあてて、肘を後ろへ持っていき20秒保持
  ・肘を軽く曲げてバンザイし、軽く後ろに引いて20秒保持

 をそれぞれ2セットずつするのだそうです。
 確かに、これをやったあとは痛みが軽減されたような気がします。
 (ゴッドハンド輝のように劇的に治らないのは、もしかして寝違えではない別の病気なのか?!)

最後は時間とともに治るのを待つしかないような気がしますが、
3の脇の筋肉を伸ばした直後は痛みが軽減されるので、
治るまではこれで耐えようと思います (^^;

みなさまも寝違えないように、寝る体勢には気を付けてくださいね。。。

それでは。

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://muscleofficeworker.blog.fc2.com/tb.php/96-54d4ea56

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。