ふくらはぎは足の血液ポンプ - 筋トレ de 健康生活 ☆



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふくらはぎは足の血液ポンプ

ご訪問ありがとうございます。
マッスル父ちゃんでございます。

今日は、ふくらはぎの意外な役割についてご紹介しましょう。
少し難しい話になっていますが、お勉強のつもりで最後までお付き合い下さい m(__)m

ふくらはぎは第2の心臓


ふくらはぎの意外な役割とは「血液を運ぶポンプ」です。

それって心臓のことでは?

と思われた方、もちろんその通りです。
心臓がメインの血液ポンプに違いありません。
はい。

しかし!
全身の血液を循環させようとすると、心臓だけでは若干役不足なのです。

どういうことかと言うと、心臓は血液を動脈に送り出し、全身に血液を行き渡らせますが、帰ってくる血液を吸い上げる機能は持っていないのです。
(話をわかりやすくするために、少し極端な表現にしております)

では、血液はどうやって心臓に戻ってくるのか?

それは、静脈およびその周りの筋肉が収縮と弛緩を繰り返しながら、"牛の乳しぼり"の要領で血液を運んで行くのです。

そして、この時重要になってくるのがふくらはぎの筋肉なのです。

なぜなら、心臓より高い位置からの血液は重力で戻ってくることができますが、下半身からの血液は重力に逆らって上がってくる必要があるため、心臓から最も遠くで血液を押し出すふくらはぎの筋肉が、がんばらないといけないからです。


ふくらはぎが弱ると


ふくらはぎの筋肉が弱かったり疲労していたりすると、血流が悪くなり、身体に様々な不調が現れるということになります。

肩こりや関節痛、冷え、頭痛、むくみ、動脈硬化や高血圧など、軽いものから生活習慣病まであらゆる病気のもとになる可能性があります。


健康のために


筋トレでふくらはぎを鍛えたり、ストレッチやマッサージでほぐすなど、強くしなやかなふくらはぎを作りましょう!
筋トレでは、手軽にできる"かかと上げ運動"や、"スクワット"、"サイクリング"がオススメですよ。


なんだかわからないけど、体調がすぐれない、といった方は、一度ふくらはぎを触ってみて下さい。
カチコチにこっていたり、筋肉が全くなかったりするようなら、改善の余地があるかもしれませんよ。

それでは!

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://muscleofficeworker.blog.fc2.com/tb.php/60-5e06d534

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。