サーキットトレーニング - 筋トレ de 健康生活 ☆



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サーキットトレーニング

本日もご訪問、ありがとうございます。

今回はサーキットトレーニングについてご紹介します。

別の記事で「プチサーキットトレーニング」をご紹介しましたが、今回ご紹介するものの簡易版です。
お手軽ですので、入り口としてはそちらから始めるのもオススメですよ。

それでは、サーキットトレーニングについて、いってみましょう!

<概要>
簡単に言うと、筋トレ5種目程度を、間を開けずに繰り返すことで、筋力と持久力を同時にアップしようというトレーニングです。

<やり方>
◆種目
家でするのであれば
・腕立て伏せ
・スクワット
・背筋
・腹筋
・バービージャンプ
ぐらいでしょうか。
お好みで追加したり省いてもらってOKです。

フィットネスクラブなどでされる場合は、好きなトレーニングマシンを順番に回るのも良いかもしれませんね。

また、持久力を上げるために、各種目の間に踏台昇降や軽いジョギングなどをはさむのも良いですね。

◆回数の決め方
全力で何種目も筋トレをするとすぐに限界がきますので、そこは負荷を軽くして行います。

具体的には、まず、1分間全力ででできる最大の回数を調べましょう。
そして、サーキットトレーニングではその半分~7割ほどの回数を行うようにします。

◆実践
種目と回数が決まったら、実践しましょう。
休憩を取らずに全種目を連続して行い、それを3~5セット繰り返しましょう。

◆目標を持って
ただ単にトレーニングするだけでは、しんどいだけになりがちです。
目標を設定し、実績を記録することで、自分の成長を実感し、モチベーションの維持にもつながります。

目標の決め方はいろいろあると思いますが、ひとつの目安をご紹介します。
回数を決める時に、全力で1分間にできる回数の50~70%にしたはずなので、理論的には、
1分×種目数×0.5~0.7×セット数
の時間で終わるはずです。
しかし、当然のことながら、全力で最後までできるはずはないので、
いかにこの時間に近づけるかを目安に、設定すると良いと思います。


今回は、全身の筋力と持久力を総合的に鍛えることができる「サーキットトレーニング」をご紹介しました。
フルでやると非常にしんどいですが、それだけの効果はあると思います。
本気で肉体を改造したい方、一度トライしてみて下さい。

それでは。

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://muscleofficeworker.blog.fc2.com/tb.php/6-535189b6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。