ダイエットには、まずスクワットを! - 筋トレ de 健康生活 ☆



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイエットには、まずスクワットを!

本日もご訪問ありがとうございます。


さて、ダイエットを目的に筋トレをされる方も多いかと思います。

ダイエットまではいかなくても、

「お腹を引き締めたい!」

といった願望は男女を問わず、よくあるのではないでしょうか。


さて、そんな時にあなたならどんな筋トレをしますか?

「・・・腹筋。」

残念!
でも、大抵の人が最初に思いつくのは「腹筋」だと思います。

それも間違いではありません。
がんばって腹筋を続けていれば、いずれ引き締まったウエストと
ポコポコと6つに割れたお腹が手に入るかもしれません。

しかし、もっと効率よくお腹を引き締める筋トレがあります。

それは、「スクワット」です。

意外かもしれませんが、「スクワット」なのです。


太ももの筋肉を鍛えるスクワットが、なぜお腹を引き締めるのか?

そもそも、おなかを引き締めるには体脂肪を落とさなければいけません。
そして、体脂肪を落とすにはカロリーを消費する必要があります。
効率的にカロリーを消費するには、大きな筋肉を動かすか、基礎代謝を増やす必要があります。
(有酸素運動もありますが、ここでは割愛します。)

ここで、「大きな筋肉」ほど、鍛えれば「基礎代謝」は大きく増えるので、
大きな筋肉を鍛えるのが最も効率が良いということになります。

その大きな筋肉というのが、おしりから太ももにかけての「ハムストリングス」「大臀筋」「大腿四頭筋」といった筋肉達なんですね。

同じ筋肉量を増やすには、スクワット15回で腹筋500回分に相当するんだそうです。
腹筋500回なんて到底無理ですが、スクワット15回ならできそうですよね。

道具も何もいらないので、トイレのついでなど、ちょっとしたスキマ時間にできるのもメリットですね。

効率良くお腹を引き締めたい方、手っ取り早くダイエットしたい方は、ぜひ、スクワットをお試し下さいませ。

それでは。

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://muscleofficeworker.blog.fc2.com/tb.php/5-25ae5e08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。