ダンベルは筋トレの万能アイテム - 筋トレ de 健康生活 ☆



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンベルは筋トレの万能アイテム

本日もご訪問ありがとうございます。

筋トレで使うアイテムと言えば、まずダンベルを思い浮かべるのではないでしょうか。

重さを変えて自分に合った負荷を選べるし、テレビを見ながら手軽にできる。
さらには、使い方次第で色々な効果が期待出来るという、なかなかの優れものです。

それでは、どんな使い方があるかご紹介しましょう。

1.腕を鍛える
ダンベルを持った手の平が上を向くように、下から上へ肘を曲げて持ち上げます。上腕二頭筋が鍛えられますね。
また、上半身をかがめ、片手を椅子などにおいて支えた状態で、後ろ向きに持ち上げると、腕の裏側の上腕三頭筋(いわゆる二の腕)が鍛えられます。

2.肩を鍛える
両手にダンベルを持ち、ガッツポーズの状態から上に持ち上げます。
また、腕を下にだらっと下げた状態から、腕を伸ばしたまま腕が水平になるまで前または横に上げる方法もあります。
これらのトレーニングは、肩こり軽減効果も期待できるので、ぜひお試しを。(こちらの記事もどうぞ「筋トレで肩こりを軽減しましょう」)

3.お腹を鍛える
1本のダンベルの両端を両手で胸の前に持ち、そのまま腹筋を行います。通常より負荷がかかるので、効率的に鍛えられます。腹筋のやり方はこちら「腹筋のポイント」をご覧下さい。

4.太ももを鍛える
両手にダンベルを持ち、腕は下にぶら下げたままスクワットを行います。こちらも、通常より負荷がかかるので、効率的に鍛えられます。スクワットのやり方はこちら「スクワットのポイント」をご覧下さい。

5.ウエストを引き締める
足を肩幅ぐらいに開き、両手にダンベルを持ち、下にぶら下げます。そのまま、両腕と上半身を一緒に左右にひねりましょう。
腕で勢いをつけないようにして下さいね。

他にも、使い方次第でいろいろな部位を鍛えることができるので、研究してみて下さい。
当ブログでも機会があれば、また紹介しますね。

なお、重さは無理なく上げられるぐらいのものを選んで下さいね健康のために筋トレをして、ケガをしたら意味がありませんからね。

それでは、また。


カラフルでラバー付きのダンベルの記事もどうぞ。
オススメです!
5色から選べる!カラフルなラバー付き「ダンベル」

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://muscleofficeworker.blog.fc2.com/tb.php/20-0ae8080e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。