懸垂のポイント - 筋トレ de 健康生活 ☆



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懸垂のポイント

本日もご訪問、ありがとうございます。

さて、今回は「懸垂」をご紹介します。


<懸垂で鍛えられる筋肉>

・広背筋
・大円筋
・上腕二頭筋
・前腕筋群

いわゆる背筋と腕の筋肉ですね。
順手(手のひらが前を向く握り方)だと背筋、逆手(手のひらが後ろ=自分の方を向く握り方)だと腕の筋肉が鍛えられます。

腕が鍛えられそうですが、意外と背筋が鍛えられるんですね。

鍛えたい部位により、持ち方を使い分けて下さい。


<ポイント>

・腕は肩幅より少し開き気味でバーを握りましょう


<1回もできない人は>

・ななめ懸垂から始めましょう

・低い鉄棒で、足が地面についた状態でバーを握り、体が斜めになるよう腕を伸ばします

・その状態で体を引き上げるように腕を曲げれば、負荷が小さいため、力のない方でも懸垂運動ができます


さて、簡単にポイントだけをまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

上半身を鍛えるにはもってこいの懸垂ですが、ぶら下がる棒が必要なので、できる機会が限られるかもしれません。
机を使ってのななめ懸垂や、ぶら下がり健康器(自己責任で)という手もあるので、お試しください。

それでは、また。

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://muscleofficeworker.blog.fc2.com/tb.php/18-9a565ce4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。