腕立て伏せのポイント - 筋トレ de 健康生活 ☆



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腕立て伏せのポイント

本日もご訪問ありがとうございます。

今回は、腕立て伏せについてご紹介します。
詳しいやり方などはググれば出てくるので、
ここでは、ポイントをしぼってご説明します。


<腕立て伏せで鍛えられる筋肉>

・大胸筋
・上腕三頭筋
・三角筋前部
・肘筋

両腕を開くと大胸筋、閉じると上腕三頭筋に負荷がかかるので、
鍛えたい部位に応じて、腕の開き具合を調節しましょう。


<ポイント>

・腕を曲げ伸ばしする時に、頭から足先まで、真っ直ぐに保ちましょう
・特に、腰が反ったりお尻が上がったりしやすいので、気をつけましょう
・腕をゆっくり曲げ伸ばしした方が、連続して負荷がかかるので、効率良く鍛えられます


<1回もできない人は>

・足のつま先ではなく、膝をついてやってみましょう
・腕にかかる負担が小さくなるので、力のない人でもやりやすくなります
・慣れてきたら、つま先で支えてやってみましょう


さて、簡単にポイントだけをまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

これからも、思いついたら情報を追加していきますね。

それでは、また。

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://muscleofficeworker.blog.fc2.com/tb.php/10-cc5aa727

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。